きーさんblog

アメリカ駐在中の、英語・子育て・資産運用の記録

駐妻さんにおすすめの英語勉強法まとめ|アメリカ駐在員が解説

11/19/2019

黄色い壁と傘を持つ女性

こんにちは、アメリカに駐在し始めて2年のきーさんです。

このブログではこれから駐在する方、現在している方に向けて、私自身が駐在生活をしていて「これは大事!」と感じた情報を発信しています。

すでに海外で駐妻をしている、またはこれからなる人のなかで「せっかくのチャンスなので英語を身につけたい」「日本に帰ったあとは英語を武器にして働きたい」と思っている方も多いかと思います。

  • 「自分にあった勉強法を選びたい!」
  • 「どんな勉強法があるんだろう?」

とわからない方もいると思います。

ただ駐妻と一言で言っても本人の英語力もそれぞれですし、「子供の有無」「旦那さんの仕事の忙しさ」など家庭ごとに事情はいろいろですよね。

それに海外で生活しているけど意外と英語を話す機会が少なく、英語が上達しないというのは実はよく聞く話。

今回はそのような方のために、いろいろな勉強方法の特徴をまとめてみました。

ちなみに我が家では①オンライン英会話、②ESL、③家庭教師を実際にやっていますので、実際に使った感想も書いていきたいと思います。

本記事を読むメリット

  • 自分にあった勉強法が選べるようになる
  • 実際に使ってみてどうだったかがわかる

駐妻におすすめの英語の勉強法まとめ

ベンチに座っているお母さんと子供二人

駐妻の方が、現地で英語を勉強する代表的な方法は大きく分けて4つあります。

  1. オンライン英会話
  2. ESL
  3. 家庭教師
  4. コミュニティカレッジ

それぞれの良いところと悪いところを説明し、どのような方におすすめなのか書いていきたいと思います。

始めるのがお手軽な順番に並べてみましたので参考にしてみてください!

駐妻の英語勉強法 その1:オンライン英会話

一番お手軽に始められるのがオンライン英会話。なにより日本にいる間から始められます

日本にいるときから準備として初めておくとスムーズに現地にも慣れられると思います!
また小さいお子さんがいる家庭でも家で手軽に授業を受けられるのもポイントです!

メリット

  • 安め
  • 好きな時に英会話ができる
  • わざわざ通う必要がない
  • 日本にいる時から始められる
  • サービス自体が日本語の説明なので安心

デメリット

  • 先生の質はピンキリ
  • 英文法などは自分で勉強しないといけない

どのような人におすすめ?

英語をもっと実践したいという方におススメです!
「海外に駐在していても、意外と英語を話す機会は少ない」と実感されている方は多いはず。

また使ったとしても単にショッピングでのテンプレの英語くらいしか使いません。

オンライン英会話を利用することで、他の人と挨拶レベル以上の英語を使う機会を増やせます。
私自身も1日30分だけ(たまにサボりながら)続けることで、だんだんとスムーズに英語が出てくるようになりました。

ちなみにおススメのサービスはこちら。どちらも海外からも継続できます。

どうしてこれらがおすすめなのかもう少し詳しく知りたい方は下記の比較記事をどうぞ
【オンライン英会話比較】アメリカ駐在員がチェックポイントも解説

すでにオンライン英会話を始めているけど、いまいち効果が実感できないという方には「活用法」というテーマでも記事を書いているのでよければ併せてご覧ください。
>>失敗しない!オンライン英会話の活用法【アメリカ駐在員が解説】

駐妻の英語勉強法 その2:ESL

ESL(Engilish as a Second Language)の略で、ネイティブではない人が現地で英語を学ぶための学校です。

ポイント:一緒に英語を学ぶ仲間作りに最適!!

メリット

  • 無料のところも多い
  • 託児所が併設されている場合あり(しかも無料)
  • 同じような状況で頑張っている友達ができる
  • 海外の友達ができる

デメリット

  • 先生の当たり外れがある
  • わざわざ通う必要がある
  • 週に1、2回しかない

どのような人におすすめ?

友達と一緒に英語を勉強したい、実際に人と話しながら英語を学びたいという人におススメです。

ESLには大きく分けて①教会系と②図書館系の2種類あります。
どちらも基本的には無料なのですが教会系は無料の託児所が併設されていることが多いです。

なので小さなお子さんをお持ちの方には教会系のESLをおすすめします。

内容としては一般的な授業のような感じで、座学だけでなくクッキングやクラフト等のアクティビティもあります。

正直、ESLだけで英語が上達するかといわれると微妙なのですが、基本的に無料ですしクリスマスやサンクスギビングなどイベント毎にパーティーもあるので、是非一度はESLにいかれるのが良いと思います。

駐妻の英語勉強法 その3:家庭教師

ポイント:プロによる自分に合わせた授業で英語をレベルアップ!!

メリット

  • 自分の目標や英語のレベルに合わせた授業
  • 客観的にフィードバックをしてくれる
  • 家に来てくれる
  • 子供がいても続けられる

デメリット

  • 料金が高い
  • 先生を探すのが難しい(下に探し方も書きました!)

どのような人におすすめ?

会社から英語学習の補助が出る人、または英語が得意だけどさらにブラッシュアップしたい人におすすめ。また家に来てくれるので小さいお子さんがいる方にもおすすめです。

他の学習方法に比べて値段自体は高いことが多いですが、日本で(バイトではなく)プロのネイティブの先生にマンツーマンで授業してもらうことを考えるとコスパはバツグンです!

オンライン英会話と違い決まった先生に、長期的に自分の英語を見てもらうことで自分にぴったりの授業とフィードバックがもらえます。

また日々の生活で疑問に思ったことも先生に聴くことができるのもメリットです。
例えば私の奥さんは先生に、アメリカでの育児について相談したりしていました笑

家庭教師の探し方

アメリカ限定の探し方になってしまうのですが、我が家では Wyzantというサービスを使用しました。
登録はもちろん無料ですし、それぞれの先生も初回は無料でお試しできるので自分にピッタリの先生を探すことができます。

駐妻の英語勉強法 その4:コミュニティカレッジ

我が家で使用したことがないため、知り合いに確認して後日追記します!!

2019/11/27追記(実際に通っている知人に、インタビューしました!)
ポイント:条件が合えば、コストパフォーマンスが高い!

メリット

  • コスパが高い(30時間で$70くらい)
  • 大学の先生(プロ)から習うことができるのでクォリティが高い
  • 好きな時間を選択できるので予定が立てやすい
  • ESLと違ってサポート(宿題やフォローアップ)が手厚い
  • 日本人が少ないので集中できる

デメリット

  • 託児サービスがない
  • ほぼ毎日行かないといけない

私の印象としては有料であるかわりにクオリティが高いESLであるという印象を受けました。ある程度、アメリカでの生活に慣れてきて英語に集中したいというかたにおすすめだと思います。

授業は朝8時から夜8時の間でたくさんあり、その中から好きな授業が選択できるそうで、英語が話せない人が働きながら通うというパターンも多いみたいです。

また授業料は高くなってしまいますが、大学進学に必要な単位(クレジット)も取得できるそうです。

期間については1ヶ月や4ヶ月などパターンがあるようですが、その知人は1ヶ月のクラスを取っています。参考にその知人が言っている学校のパンフレットの写真を載せておきます。


授業に申し込む前に、英語レベルチェック(無料)を受けられるので自分に合ったレベルを選択できるとのことなので安心です。

人を選んでしまう一面はありますが、海外で生活しているメリットを最大限に活かした勉強法だと思います。

駐妻として英語を勉強するときコツ

三冊の白い本の上に広葉樹の枝

勉強法の種類についてはだいたい書きましたので、ここでは個人的なコツを紹介したいと思います。

英語を勉強するまえに大切なこと

英語を勉強するにあたり下記のことを忘れないことが大切です。

  1. やればやるだけ効果は出る
  2. ミスするのは当たり前。めげずにたくさん失敗しましょう!
  3. 継続するのが一番大切。楽しく続けましょう

どれも当たり前なのですが、忘れがちです。英語はすぐに身につくものではありません。
でもやれば少しずつ確実に効果はでますので、自分に合った勉強法で楽しく継続しましょう。

英語のインプットの勉強時間は少しだけでよい

日本人であれば、基本的な文法は習っているので勉強時間はそれほど取らなくても大丈夫です。

おすすめしたいのは日本では習って来なかった「英語を話すための知識」を学ぶこと。
下記の本が超絶おすすめです。むしろこれしか読まなくても大丈夫です。

もし英語が苦手で総合的に英語を勉強したい方や、時間があるときにサラッと一度復習したいという人はスタディサプリの日常会話コースをしてみても良いと思います。

大事なのはアウトプットの時間をたくさんとること

記事の最初で紹介した方法を試してみて自分に合う方法を試しましょう。
コツは無理なく楽しく続けられること。

例えば効率だけで言えば、オンライン英会話が一番なのですが継続するには仲間も大切です。

紹介した方法をいくつか自分に合わせて使ってみるのが良いと思います。

ちなみに我が家では①オンライン英会話、②ESL、③家庭教師を使用しています。
オンライン英会話は毎日30分の利用が可能(毎日してるとは言ってません笑)、ESLは週2回、家庭教師は月2回です。

2歳の息子がいますが無理なく続けられています。

まとめ:駐妻さんの英語の勉強法

今回は、海外(アメリカ)で英語を勉強する具体的な方法について紹介しました。

繰り返しですが、英語の勉強は続けることが最も大切です。

今回紹介した方法の中に「これは良いかも」というものがあれば試してみて、無理なく楽しく続けられるものが見つかれば嬉しいです。

駐在は英語を学ぶ絶好のチャンスなのでぜひ最大限に利用してみてはいかがでしょう。

では!!

継続が難しいと思われる場合は下記の記事もご覧ください。
【オンライン英会話】継続できない人に送りたい挫折の原因とその対策

  • この記事を書いた人

きーさん

アメリカ駐在中の機械系エンジニア。奥さんと2歳の息子の3人で楽しく生活しております。 駐在してすぐは新しい環境や英語でのコミュニケーションに苦労したので、その経験を元にブログを書いております。 これから駐在や留学をされる方の参考なれば嬉しいです!

-English

Copyright© きーさんblog , 2020 All Rights Reserved.